実際に取引を始めましょう

ただ、「FXで注文できる」のと「FXで稼げる」のとでは大違い。
そこには高い壁があります。
稼げる投資家になる為には

@どんな通貨ペアで
Aいつどんなタイミングで
Bどのくらいの金額を売買すればいいのか?

など、知っておかないといけないことがいっぱいあります。
稼げる投資家になる為の基礎を学びましょう!

大損をしない為に最初は1000通貨で取引!

FXの魅力は少額で大きな金額を取引できるレバレッジにあります。
しかし、レバレッジの感覚になじめないうちに多額の取引を繰り返し、一度の負けで大きな損を出してFXをやめてしまう投資家が大勢います。
1銭、1円動いたらいくら損をするのか感覚がつかめないまま多額の取引をするのは大ケガのもとです。
通常、FXは1万通貨が基本取引単位です。

しかし、中には1/10の1000通貨から取引ができるFX会社があります。まずは、取引額を低くして取引に慣れましょう!大損をせずに「稼げる投資家」になる為には最初は1000通貨で取引をすることを強く勧めます。

適正な取引額はいくら?

10万円でFXを始めたとしよう。
1万通貨の取引で1円思惑と反対に相場が動いた時は1万円も損をしてしまいます。更に2円、3円と逆に動けば、2万、3万円とどんどん損が膨らみます。
まずは、1000通貨で取引をしましょう。10万円でドル/円、1000通貨の取引ならレバレッジは1倍です。1円思惑と逆に動いても千円の損で済みます。為替が大きく動いて10円逆に動いたとしても1万円の損です。
これなら取り返すことが可能です。

手持ちの投資資金によって適正な取引額は変わりますが、慣れるまではレバレッジは多くても5倍以内に抑えることをお勧めします。初心者は絶対に1000通貨から始めましょう!

「損切りの徹底」負けは小さくが大原則

FXのトレーダーが必ず守らないといけない大原則は「損切りの徹底」です。
損失が出たらダラダラ持ち続けず、早めに決済することを言います。早目に決済することで損失を増やさないようにします。
FX初心者ほど、たった一回の大損で資金の大半を失ってしまうことになりやすいです。
大損する人によくあるパターンが「利益は早目に確定して、損切りはなかなかしない」。損切りをしないうちに損失が膨らみ強制決済…。残ったのはわずかな資金だけ。これが損切りができなくて大損をするFX投資家の典型例です。

「含み損が出ても待ってるとそのうち戻ってくるから大丈夫」が大損する投資家の言い訳です。戻ってくることも多いですが、戻ってこなかった時に致命的な損をします。損切りは早目にしましょう!

負けは小さく、勝ちは大きく

損切りをしっかりやっておけば勝率が悪くてもトータルで損益をプラスにできるとはよく言われます。
「1勝9敗でも儲けることはできる」と言いますが、それは損切りを徹底して損を小さくし、儲けれる時は大きく儲けると言うことです。
損切りと利益確定のバランスが重要です。利益確定は20銭(30銭)、損切りは10銭と言うように利益確定を損切りの2〜3倍に設定するのが一般的です。

ただし、10回トレードして1回しか勝てないというのはおかしいので、その時は戦略を見直しましょう。
稼いでるトレーダーの勝率は30%前後と言われています。

目標に達したら決済をしよう

トレードが思惑通りに行って含み益がどんどん増えていくと嬉しいものです。
ただ、この状態だとまだ、利益にはなっていません。実際に決済をして利益を確定しましょう。

しかしこの利益確定が意外に難しい。少し利益が出た段階で「これ以上は上がらないんじゃないか?逆に下がってしまうんじゃないか?」と焦ってしまって決済をしてしまう。逆に含み損を抱えている時は損を認めたくなくて「きっと戻るはず」って無理やり思い込んで損切りを先送りしがち。
その結果「もっと早く損切りしておけば良かった」「もっと利益が伸ばせたのに…」って後悔をすることに。

利益確定と損切りのコツ

損切りと利益確定のコツは簡単!
「予め決めた数字になったら決済をする」たったこれだけです。特に損切りの数字は絶対に変えないこと。
大損する人は損切りの数字を簡単に変えてしまいます。これを防ぐ方法があります。それはエントリー(注文)をしたら決済注文をOCO(オーシーオー)注文ですることです。
これは持っているポジションに対して利益確定の注文と損切りの注文を同時に出せるすぐれもの!

例えば90円でポジションを持った時に、利益確定を91円、損切りを89円と言うように同時に2つの注文ができます。どちらが一方の注文が確定するともう一つの注文は取り消されます。
OCO注文をすれば利益確定と損切りが確実にできるので初心者は必ずOCO注文をしましょう。

利益を増やす夢の注文方法があった! 「トレール注文」

利益確定はできるだけ伸ばすのが得策。
思惑通りに相場が動いたら逆に損切りの数字を上げて利益をできるだけ伸ばしましょう。
例えば90円でドルを買って利益確定を2円上の92円、損切りを1円下の89円に設定していた場合、順調に相場が上がり、91円になったとしよう。まだまだ、上がりそうな勢いの場合は利益確定を更に1円上げて93円に、損切りを今の相場の1円下のの90円に引き上げると今から相場が下がっても購入時の90円が損切りの数字になるので損はせずに、更にもっと利益を伸ばすこともできるのでお勧めです。

自動的に損切りの数字を上げてくれるトレール注文と言う注文方法があるので是非利用しましょう。
これは設定した利益確定幅と損切り幅を自動で引き上げるてくれるもの。
先ほどの例のように利益確定を2円上、損切りを1円下で設定した場合、相場が上がっていくとそれに伴って損切りも90円、91円、92円と自動で上がってくれます。これにより、利益をとことん伸ばすことが可能です。

LINK

Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.