外貨預金とFXの違い

基本的な売買の仕組みを比較する

外貨預金:「買い」から始めて円安で売る

外貨預金は日本円で外貨を買い、為替が円安に動いたら売却して為替差益を得たり、外貨を定期預金に預けて、金利収入と為替差益の両方を狙う商品です。 つまり取引は常に外貨の「買い」からスタートし、為替の動きで収益をあげるためには、預金時よりも売却時(または定期預金の満期日)の為替レートが円安になることが条件です。 逆に預金時よりも売却時(または定期預金の満期日)の為替レートが円高になると、為替差損が生じる可能性があります。

FX:「買い」からも「売り」からも収益を狙える

外国為替証拠金取引(FX)は、外貨を売買する為替レートは注文時に決めますが、実際にお金を払う決済は先延ばし(差金決済)ができる商品です。
このしくみによって外国為替証拠金取引(FX)は、外貨の「買い」からだけでなく、「売り」からもスタートすることができます。

たとえば仮にこの先円高が進むと考えた場合、外貨を今の値段で先に売っておき、円高になった段階で外貨を仕入れて(買戻して)決済日に渡せば、為替差益が得られます。
逆に円高を予想して外貨を先に売ったにも関わらず円安になった場合は損益額が拡大する可能性があるので、注意が必要です。

収益性と安定性を比較する

外貨預金:外貨建てでは元本保証の商品

外貨預金は為替が預入時よりも円高に進めば、円換算では為替差損が生じます。
外貨建てでは、米ドルやユーロの価値がゼロになることは考えられませんので、外貨預金では預けた金額以上に損失が発生する可能性は低いといえます。(ただし、円換算では元本割れの可能性もあります)
ただし、外貨建てとしての元本は保証されているため、売却のタイミングを逃した場合も、保有し続ける経済的・心理的なゆとりがあれば次のチャンスがうかがえます。

※外貨預金は為替変動リスクが伴います。外貨預金は預金保険の対象ではありません。

FX:少ない投資額で大きなリターンが期待

外国為替証拠金取引(FX)には、一定のお金を証拠金として預け入れることで、その何倍かの取引ができるしくみがあり、これを『レバレッジ』といいます。

レバレッジを高くかけることにより少額の投資資金で大きなリターンが期待できる一方、予測が外れた場合は為替差損がレバレッジがかかっている分だけ大きくなることになります。

その他のの特徴やコストを比較する

外貨預金:固定金利が得られる外貨定期預金

外貨普通預金が為替の売買益を狙う流動的な資金や、その他の外貨資産に資金を移動する拠点となる一方で、外貨定期預金のメリットは固定金利が得られることです。

中途解約は原則としてできませんが、やむを得ず中途解約するときは「約定金利の10%」か「解約日における当該外国通貨建て普通預金金利」のいずれか低い方をお預け入れ日にさかのぼって適用します。
したがって、外貨定期預金をお預けになる際には、十分に期間の検討も行うことが大切です。

また、外貨預金は外貨を買う時にも売る時にも手数料(為替コスト)がかかります。

FX:2国間の金利差を調整するスワップポイント

外国為替証拠金取引(FX)では2つの通貨間の金利差を利用して収益を狙う、スワップポイントというしくみがあります。 海外には日本よりも高金利の国が多くありますから、円で外貨を買う場合に、安い金利を支払って円を借り、外貨の高い金利を受け取ることが期待できるわけです。

ただし、昨年来の金融システム不安の影響を受け、世界の金利は下落傾向にあり、スワップポイントで収益をあげることは難しくなっています。
外国為替証拠金取引(FX)は外貨預金と比較して、取引手数料が割安です。

Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.