ロスカット

サンプルイメージ ロスカットとは証拠金に対して一定量以上の損失(評価損)が出た時にポジションを強制決済する仕組みの事を言います。
ロスカットがあるおかげで預けた証拠金以上の損失は基本的に発生しません。
ロスカットのおかげで借金の心配をせずにFXができます。
FX会社ごとにロスカットの設定値が違うので取引前に必ず確認しましょう。

ロスカットをされると、基本的に預入金のほとんどを失うことになります。
細心の注意を持って、ロスカットにならないように気を付けましょう。

ロスカットの仕組み

ロスカットの仕組み

ロスカットの上手な使い方

預けた資金のほとんどが無くなってしまう恐ろしいロスカット。
しかしロスカットは預けた資金以上の損失が出ないようにしてくれる重要な仕組みです。
FX中級者以上になるとこのロスカットの仕組みを上手く使っています。

例えば、ポンド/円のように非常に値動きが激しい通貨ペアの場合、大きな損失が発生しやすくなります。
そこで口座に必要以上の資金を入れずに損失を取引をする前から限定することがあります。
高レバレッジで取引をする場合は特に有効な手法です。

ロスカットをされないようにする方法

下記の方法でロスカットをされないようにしましょう
・レバレッジを低くする ・損切りを小まめに行う ・雇用統計等の発表前に一旦ポジションを全て決済する。

全て大切なことですが、Bの雇用統計の発表時はわずかな時間で大きな為替の変動があり、非常にロスカットの危険性が増します。
短期売買で利益を出しているトレーダーは上記の3つをしっかりと行っています。

LINK

Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.