や行の用語集【よ】

余剰・不足

東京外国為替市場において、午前10時のインターバンク(銀行間)取引のレートを基に決められる指標レートのことを仲値(TTM)といいます。

東京市場では、この仲値でドルを購入し、ドルを相手方に支払うといった決済の取引が多くあります。
そのため、この仲値が決められる午前10時頃の相場は、かなり激しい変動をすることがあります。

なぜなら、仲値決済のドル需給バランスが足りない(不足)の場合には、足りない分を市場から購入する必要があり、逆に多すぎる(余剰)の場合には市場で売る必要があるからです。

寄付

マーケットが始まったときに、最初についた値段のことをいいます。
【=始値】

四本値

始値、終値、高値、安値の総称です。

・ よ


Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.