さ行の用語集【さ】

裁定取引

「アービトラージ」「さや取り」ともいい、割安のものを買い、割高のものを売ることにより、全体の上下動の影響を極力排除しながら収益を挙げる手法をいいます。

例えば、株価指数の先物と現物うち、高いほうを売って、安いほうを買うという方法など、異なる市場間で金利差、価格差、直先差を利用する手法のことです。

差金決済

現物の受渡しを伴わない、差金の授受による反対売買を言います。

指値

売買注文を出すときに、あらかじめ指定したレートで売買を行なうことをいいます。
指値買いでは現在のレートよりも安い値段を、指値売りでは現在のレートよりも高い値段を指定します。
一方、現在のレートよりも高くなったら買う、現在のレートよりも安くなったら売るという場合は、逆指値を使います。

サポートライン

チャート分析において、過去に何度かその水準で為替レートが下げ止まった価格帯のことをサポートライン(支持線)といいます。
市場参加者の多くがそれ以上相場は下落しないという認識を持ったために、サポート・ラインを割り込んだときには多くの市場参加者からの損切り(ストップ・ロス)を誘発して、さらに大きく急落するケースもあるため、注意が必要です。

一方、市場参加者の多くがこれ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のことをレジスタンスライン(抵抗線)といいます。

さ・


Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.