まずは知っておくべき10大用語

FXを始めたばかりの方にとっては聞きなれない言葉かもしれません。
ここでは、最も重要だと感じている10大基礎用語をご説明いたします。

チャート

チャートソフトを使用してFXのトレードを行います。
通貨の値動きを時間で区切って、グラフで表示させたものです。

各証券会社によって使用するチャートは違いますので、自分にあったチャートソフトを使用するのが一番いいです。
海外の証券会社では、メタトレーダーチャートを幅広く使用することが出来ます。

通貨ペア

FXを行う際には、必ず通貨での売買がやり取りされます。
通貨ペアとは、通貨と通貨の組み合わせをいいます。
代表的な通貨ペアは【ドル円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル、ユーロポンド】などがあげられますが、その他にも多くの通貨ペアがあります。

取引をする際には、世界的に多く取引されている通貨ペアで行うのが一番いいです。
その方が値動きが読みやすく、急激な値動きも少ないため、初心者の方でも取り組みやすいです。
利益を上げるには、どの通貨ペアを扱っているかも、今後重要な決め手となります。

ロングとショート

ロングは買う。ショートは売るという行為を指します。
ロングは安いところで買って、高いところで決済する。
ショートは高いところで売り、安いところで利益を確定する。
そうすることで、利益を上げていくことができます。

ロング=『買い』:通貨の価値が安いときに買って、 高いときに売る行為を言います。

ショート=『売り』:通貨の価値が高いときに売って、 安いときに買い戻す行為を言います。

ポジション

相場にエントリーして、決済せずにその状態を維持している注文ことです。
まだ決済をせずに保有している状態です。
例えば、1万ドル買っている時には「1万ドルの買いポジションを持っている」といいます。
また、売り買いを一つもしていないときには、「ノーポジション」ともいいます。

pips

外貨取引を行う際に使われる単位です。
円の最小pipsは1銭となり、100pips=1円(100銭)となります。
通貨ペアが多数あるため、pipsという単位で表すことで、分かりやすく表現します。

例)
ドル円のレートが1ドル=80.23円の時、最後(小数第2位)の3銭=3Pipsと表現されます。
ユーロドルのレートでは、1ユーロ=1.4325ドルの時、最後(小数第4位)の5の部分=5pipsと表現されます。
トレーダーは獲得利益を表現するときに○○pips獲得と表現することがほとんどです。

ロット

トレードする上で、どれぐらいの資金で取引するか、その時の取引通貨量の単位です。
1.0ロット、0.1ロットなどと言います。

通常、1.0ロット=10万通貨です。
※1.0ロット=1万通貨としている証券会社もありますが、ここでは1.0ロット=10万通貨で説明していきます。
つまり、1.0ロットの取引というのは、ドル円でいえば10万ドル分トレードを行うことです。
0.1ロット(1万通貨)で取引すると、1銭の値動きで約100円の損益が出て、
1.0ロット(10万通貨)で取引すると、1銭の値動きで約1000円の損益が出ると覚えておくといいでしょう。

レバレッジ

「てこ」という意味で、実際に持っている資金よりも多くの通貨量をトレードすることを可能にします。

例)
1ドル100円のとき、資金100万円で1.0(10万通貨)でトレードを行うと、1000万円分の資金を動かせるため、レバレッジは10倍となります。

計算式は・・・
▼100万円の資金で1.0ロットの取引をした場合
1.0ロット【10万通貨(1,000万円)】÷100万円(資金)=10倍

▼20万円の資金で0.1ロット(1万通貨)取引をした場合
0.1ロット【1万通貨(100万)】÷20万円(資金)=5倍 と、表現されます。

証拠金と余剰金

証拠金

トレードで大きなお金を動かすために最低限必要な担保金です。
ポジションを持った場合はロックされて動かなくなります。

余剰金

相場の動きによって変動する、余っているお金のことです。
証券口座に入っているお金のうち、証拠金として扱われていないお金のことです。
証券会社によって違いはありますが、余剰金が0になると、取引は勝手に終了させられます。
これを強制ロスカットといいます。

余剰金を多めに入れている場合は、余剰金が損失を大きくかぶらないように、リスク管理する必要があります。
そのリクス管理は自分で行うことができるので、コントロールできるので、FXでは自分でリスクコントロールが可能です。
FXで稼ぎ続けるには資金量とロット数のバランスが重要です。

スワップポイント

FXでは通貨を買うときと売るときの値に差があります。
その差額分をスプレッドといいます。

例えば、ドル円取引の場合、買値は80.35ですが、売値は80.32であったりします。
この時、スプレッドは3Pipsで、これは証券会社の利益にあたります。
Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.