ポンド/GBP

特徴

ポンドはその昔は基軸通貨として重要な役割を果たしていました。しかし今ではその地位をドルに譲り、ポンドは高金利通貨としてユーロや円には及ばないものの確固たる地位を築いています。
通常は「ポンド」と呼ばれていますが「スターリング」とか「ケーブル」と言う愛称も持っています。ユーロと似たような動きをする事も多いですが、「クイーンの国」であるオージーやニュージーランドドル(愛称キウイ)などと似たような動きをします。

投機的な資金も入りやすく動きだすと乱高下になるのも特徴です。
その為損切りを早めに実行する事が重要です。
また日本時間ではほとんど動かず欧州時間になってから良く動きます。

今後はユーロ導入を巡った噂やニュースが相場を動かす事も多くなりそうです。
高金利ゆえ金融当局者などからの金利に関するコメントに敏感でMPCの議事録などが出るとその内容で大きく動く事もあります。

注目すべき経済指標

CIPS製造業指数

CIPS製造業指数(Chartered Institute of Purchasing and Supply)は英国内620社を対象にアンケート調査を実施し、製造業の雇用、生産、受注、原材料価格、在庫など一連の工程すべてを判断基準として業況指数を算出しています。指数が50ポイントを上回ると「拡大」、50ポイント未満なら「縮小」を示めしています。

その他:M4マネーサプライ、鉱工業生産、景気一致・先行指数、RPI小売価格指数、 新規住宅着工、失業率、貿易収支、CPI、小売売上、GDP、など

日本円/JPY米ドル/USDユーロ/EUR
ポンド/GBP・ オーストラリアドル/AUDスイスフラン/CHF


Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.