レバレッジ

レバレッジ レバレッジとは?
テコの原理で小さな力で大きな物を動かせるところからレバレッジ(テコの原理)と言います。

FXでは小さな自己資金で大きな投資金額を動かせので、これをレバレッジと言います。
FXのレバレッジは最大25倍です。
つまり、10万円あれば250万円の取引ができます。
なぜ今、株よりFXがある理由はレバレッジのおかげです。
少ない資金で大きく儲けれるFXで10万円の資金を何千万円にまで増やした強者もいます。
FXのレバレッジは、他の投資にないすごい仕組みです。

レバレッジの計算方法

10万円を例にしてレバレッジを見てみましょう。

・10万円で250万円の取引=レバレッジ25倍
・10万円で100万円の取引=レバレッジ10倍
・10万円で10万円の取引=レバレッジ1倍

レバレッジは自分のお金(証拠金:投資資金)に対していくらの通貨を買うかで決まってきます。

レバレッジ=その通貨を買うのに必要なお金÷手持ち資金(証拠金) FXでは最大25倍のレバレッジで取引ができますが、必ず25倍にする必要はなく、自分でレバレッジを決められます。
レバレッジ1倍に対して25倍のレバレッジでは利益も25倍になる反面、損失も25倍になります。

レバレッジを上手くコントロールして勝てる確率が高い時は、大きなレバレッジで取引するのがFXのコツです。
短期売買や相場の方向性がわかりやすく、かなりの確率で予想が当たる時にレバレッジを高くして取引をすれば小さな資金で大きく儲けることができます。

レバレッジの正しい使い方

高いレバレッジで取引をするとどうしても「ハイリスク・ハイリターン」になります。
ただし、裏を返せばチャンスを最大限活かせるということです。

経済指標発表時等で確実に相場が一方向に動くことがわかっている場合や、数秒~1時間単位の超短期トレード(デイトレ)を行う時にはレバレッジを最大限使うべきです。
リスクはコントロールできると言うことを覚えておきましょう。
経済指標等の情報をしっかり事前調査すれば、リスクを減らしチャンスを活かすことができます。
確実に儲かる方法はないですが、勝率UPは可能です。

レバレッジは何倍で取引するのが良いの?

・FXを始めたばかりの時は1倍
・スワップ金利狙い(外貨預金と同じ):3~5倍
・デイトレ:5~20倍

まずは、レバレッジを低く抑えて取引をすることをお勧めします。

1,000通貨ならドル/円の取引でレバレッジ1倍なら10万円。
25倍なら4千円から取引ができます。 レバレッジを高くするのはある程度FXの経験を積んでからにしましょう!
Copyright(c) 2011 専業主婦のための最新FX講座 All Rights Reserved.